ランキングのお終いと外国人の増加もクラブが採決をしました。

ブラジルバレーボール連盟(CBV)は、木曜日(19日)が行ったバーチャル会議でスーペルリーガ・フェミニーノ(ブラジルバレーボール女子リーグ)の完了とチームに外国人選手の増加とランキングのお終いが決めました。ブラジルバレーボール連盟はブラジル銀行スーペルリーガの参加者と会ったと、採決で、新型コロナウイルスのせいで、大会は完了しました。六つクラブと選手委員会は大会完了のために賛成投票と反対投票は二つでした。状況により、優勝がないです。順位は直近の日程結果です。会議の後で、2019/2020シーズン完了は:プロスポーツ代理された選手ブライエリン・マルチスのデンチールー/プライアクラブ(MG州)は1位です。SESC RJ (RJ州)は2位、イタンベー/ミナス(MG州)は3位でした。代理された選手ティファニー・アブレウ、ターシア・スターエル、アゼリー人のポリナ・ラヒモーヴァとアメリカ人のサラ・ウィヒルトのセジーバレーボールバウルー(SP州)は4位。ヴァネッサ・ジャンケとフェルナンダ・トメーのオザスコアウダクスサンクリストバンサウデ(SP州)は4位でした。

後の順位は、サンパウロ/バルエリー(SP州)、フルミネンセ(RJ州)とクリチバ(PR州)。次はイザベラ・パキアーヂのピニェイロス(SP州)。それから、代理されたのベアトリス・フラヴィオのフラメンゴ(RJ州)。代理されたのブルナ・モライス、ナタリーア・シルバ、マリア・エドワーダ、アナ・フラヴィアとフェルナンダ・バチスターのサンクリストバンサウデ/サン・カエタノ(SP州)は順位を仕上げました。

会議で、来年のスーペルリーガはランキングはなし(7賛成投票x4反対投票)、そして、クラブは三人外国人を雇用する可能性があります(6賛成投票x5反対投票)。

「関与した皆様の安全のため、大会の中止がいいと意見したとクラブから投票する権利を与えました。大多数 はCBVと同じ意見を共有すると思います。ランキングと外国人の選手について、投票のバランスがあったが、今の状況では大丈夫です。ブラジル銀行スーペルリーガに終止符を打つのは残念ですが、必要なことです。」*と*CBVの大会監督レナート・ダービーラが言いました。

参加しているクラブのブラジル男子バレースーペルリーガ四つの最後のバーチャル会議は今実の木曜日に行います。

オンボードスポーツチームを連絡:

This post is also available in: English 繁體中文